ICTCO イクトコ

ビジネスマッチング&コワーキングスペース
創業支援も充実している東京中野の「ictco(イクトコ)」

ICTCOからのご連絡

YouCAREプロジェクト通信 第21回  YouCAREが推進する新しい働き方④“開業と業務委託での在宅ケアを両立する”

YouCAREプロジェクト通信 第21回  YouCAREが推進する新しい働き方④“開業と業務委託での在宅ケアを両立する

海:みなさん、こんにちは。本日も引き続き、岡本先生から歯科衛生士さんと管理栄養士さんの自立についてお話しを伺います。今まで何回かお話を伺ってきて、歯科衛生士さんと管理栄養士さんが自立できる働き方を伺ってきたのですが、必ずしも今までご紹介した働き方のどれか1つを選ばなければならないというわけではないんですよね?

岡:そうですね。ご紹介した方法を、1つだけでなくミックスして取り入れていただくと選択肢が増えますからね。

海:そうですよね。何かあった時に備えて、いくつか働き方を持っているのは大切ですよね。今まで紹介した中でも、開業と業務委託をミックスされる働き方を岡本先生は一番推奨されていますよね。開業して、お客様がいらっしゃらない時には、在宅ケアを必要とされている方のところへ伺うという風にすれば、安定感は出ますよね。

岡:ええ。例えば、まずは午前中にサロンでお仕事をしていただき、午後は在宅ケアへ行っていただくなども可能です。

海:それはスケジュール管理がしやすくていいですね。もし、サロンが評判を呼んで、お客様が増えてきたら、在宅ケアは他の方に譲って、ご自身はサロンの業務に専念することも出来ますよね?

岡:そうですね。そのようにうまく移行していただくことも出来ます。

海:では、もし逆に在宅の方が自分に向いているなと感じた場合は、開業したサロンはどうすればいいのでしょうか?

岡:その場合は、他の歯科衛生士さんや管理栄養士さんで、サロンを経営したいという方に譲っていただければと思います。

海:そうですね。完全に譲らなくても、ご自身が経営者として残って、施術者を雇うことも出来ますしね。もしくは、岡本先生がおっしゃったように完全に譲渡してご自身の転身を図ることも可能ですね。その為に必要なのは、ネットワークですね。歯科衛生士さんや管理栄養士さんのネットワークがあれば、こういった転身も難しくありませんよね。

岡:そうですね。それは本当に難しくないと思います。

海:女性は、結婚や出産などで一時的に今までのキャリアが中断してしまうこともあるのですが、ずっと働いていきたいという方も増えていると思うので、どんなライフステージにあっても働きたいという希望がある方が主体的に働ける場を作っていくことは大切ですよね。

岡:そうなんですよね。従来の働き方という概念から、完全に違う概念に転換していく時代なんでしょうね。

海:そうですよね。時代の流れとしては転換を迎えていますよね。女性が子育てなどひと段落して、少しの空き時間が出来たときに、今までであれば少しトレーニングをすれば出来るようになるレジ打ちなどのパートをされていたと思うんですけど、ITの進化や時代の流れの中でそういったお仕事は今後減っていく可能性がありますし、せっかく資格を持っていらっしゃるなら、それを活かさないのはもったいないですよね。医療系のお仕事はなかなか取って代わる人がいないので、非常に魅力的ですよね。

岡:はい。世の中のニーズが高い仕事なので、魅力はあると思います。国が今、地域包括ケアシステムという施策を進めています。それのベースになるのが、口腔ケアや食支援になるんですよ。

海:では、これからますますニーズが増えますね。今回まで、5回に渡って歯科衛生士さん、管理栄養士さんの新しい働き方をお伝えして参りました。もしこの働き方にご興味のある方がいらっしゃいましたら、下記の連絡先までお問い合わせください。