ICTCO イクトコ

ビジネスマッチング&コワーキングスペース
創業支援も充実している東京中野の「ictco(イクトコ)」

ICTCOからのご連絡

YouCARE通信 第25回 未病最先端イメディスとは

YouCARE通信 第25回 未病最先端イメディスとは

なんだか調子が悪い・・その原因を特定する「最新医療機器IMEDIS」をYouCAREで体験してきました。
もし、普段からなんとなく感じている不調やだるさの原因や、将来病気になる可能性がある要因を知ることが出来たら、体調が悪化する前に対応できます。しかしそれはなかなか難しいこと・・・。
実際には体調が悪化してから病院へ行き、その症状に対処することが多いのではないでしょうか。
私も慢性的な肩こりに悩まされていて、もう半ばあきらめているほどです。
YouCAREで取り組んでいるのは、「予防」です。体が悪くなる手前で原因を見つけて、その原因にアプローチすることで病気を防ぐという考え方です。そして、徹底的に予防を突き詰めたいという考えから、YouCAREサロンに導入された機器があります。
それが、ロシア生まれの最新医療機器「IMEDIS(イメディス)」です。イメディスは「波動」を使って体の不調を見つけます。日本にはまだ数台しかない大変貴重な機器で、すでに導入されているクリニックでは予約が数週間待ちという人気ぶり。

早速イメディスがどのようなものか、体験レポートで紹介します。

イメディスの操作はPCで行うので、本体にPCを接続します。
まずは椅子に座ります。
この時に金属製のアクセサリーなどは外します。そして、生活習慣などについてヒアリングを行った後、イメディスによる計測を開始します。
最初に身体の中の気の流れを測定します。
気がうまく回っているところや、滞っているところがこの測定でわかります。
被験者は金属のプレートに手足を置きます。
そして、カウンセラーが測定を開始します。
特に何も暑かったりピリッとしたりなど感覚はありません。
イメディスからは計測中に「キューーー」「ビーーー」など、機械音が出ています。
全身の測定は誤差を生まない様、3回行われるので、だいたい20分くらいこのポーズでいる必要があります。
この間、PCの画面をのぞき込みながら、カウンセラーの方に質問したり、イメディスの説明を詳しく受けたりなど、のんびりと過ごせます。

そして、測定結果。
体全体の気の強さがわかります。各部位に線が3本あるのは、3回測定しているからです。通常であれば、この3本の線はだいたい同じ長さになります。
私の場合、下半身の気の流れは良いようですが、上半身、特に頭がきちんと働いていないような状態・・・
続いて、より細かい部位の測定結果です。
写真の左側に色が付いたバーがあります。真ん中より上の色が気の流れが良い部分で、下が気の流れが滞っている部分です。
オレンジやピンクなど上の色であればあるほど、気の流れはよく、紫や青など下になればなるほど気の流れが悪くなります。

続いて、臓器ごとの測定結果です。
私の場合は頸椎から上がもうガタガタですね。
特に頸動脈から脳にかけて紫色(一番気が滞っている色)なのは気になると言われました・・。

この結果を見て感じた事。
右腕は気が滞っている色になっていたのですが、まさにこの前日に久々にラケットスポーツをして右手だけ激しい筋肉痛でした。また、目は右目に比べて左目の視力が悪く、たまに痛くなるので、これも納得の結果。

頸椎に関しては全く自覚症状がなかったので、一度病院へいって検査してもらおうと思います。

このようなデータを見せられると、なにか改められるところから改めていこうという気持ちが沸いてきて、ひとまずは姿勢に気を遣うようになりました。
そして、ここからがイメディスのすごいところ。
なんと、気が滞っている部分のセラピーが出来るのです。
気が滞っている部分に良い波動をあてることで、気の停滞を解消するという仕組みです。
セラピーは測定と同様に金属プレートに手足を置いて行います。
イメディスをセラピーモードにセットしてもらい、早速セラピー開始。
約20分で終了します。
セラピー後の身体の状態は残念ながら見ることが出来なかったのですが、気持ちの問題なのか身体が軽く感じました。
残念なことに、セラピーの効果は永久に続くわけではなく、数日で元に戻るそうです。しかし、100%元の状態に戻るわけではなく、ある程度戻ったところでまたイメディスのセラピーを受けることで、最終的にはしっかりと気の停滞を解消できるそう。
紫が散見された身としては、継続してイメディスのセラピーを受けたいところ・・・。しかし、イメディスは特殊な操作が必要になるので、YouCAREでは現在施術者の育成中ということで、まだサービスがスタートしていません。

2017年春からトライアルサービスが開始し、2017年中に本格的なメニュー化を目指しているそうなので、もう少し待つ必要がありそうです。
トライアルが開始したら、またこちらのページからお伝えしますので、ぜひチェックしてくださいね。